元興寺(がんごうじ)は、四季を通じて花が咲く美しいお寺で、しかも世界遺産に登録されているのですが、それを知っている人も少なくとても静かなお寺です^^
元興寺は、6世紀末に蘇我馬子により建立された日本最古の寺といわれる法興寺(飛鳥寺)が、平城遷都により奈良に移築されて元興寺と名を改めました。かつては南都七大寺の一つとして威勢を振い、広大な寺域には、金堂・講堂・塔・僧房などが立ち並んでいたそうです。

Gangoji01

Gangoji02


現在は極楽堂と禅室のみが残っていて、それぞれの屋根の一部には飛鳥時代・奈良時代の瓦が今もなお使われています。写真の色が違う部分(重なり合った部分)です。全然人がいないでしょう!

Gangoji03

Gangoji04


萩や彼岸花が咲いていてとても美しかったです。

Gangoji05

Gangoji06


夏から秋への変化を告げるように、芙蓉が咲き石仏の間から茎を伸ばして彼岸花が咲いています。紅白の彼岸花もきれいでしょう♪

Gangoji07

Gangoji08


☆元興寺へは
 近鉄奈良駅から徒歩15分
 無料駐車場あり