振替休暇を利用して、梅雨晴れの京都を歩いてみました♪

東林院(とうりんいん)は沙羅双樹の庭園の寺として有名な寺院です。
沙羅の花は一日だけの命。また、お釈迦さまが入定されたとき、いっせいに花が咲き死を悲しんだといわれています。(インドと日本の沙羅双樹は種類が異なりますが)
この、朝に咲いても夕方には散ってしまう”一日花”の姿が、人の世の常ならぬと、平家物語にうたわれました。

でもね、沙羅の花は一日だけの命を悲しんでいるのではなく、与えられた一日だけの生命を精一杯咲きつくしているんよね。だからこそ美しいんだとおもいます。
美しい苔の庭に落ちた真っ白な花を静かに眺めました。

Torinin04

Torinin05


東林院は、1531(享禄4)年、細川氏綱が父・高国公の菩提を弔うために建立した三友院に始まり、現在は妙心寺の塔頭寺院となっています。

Torinin01_2


沙羅の開花時期(6月中旬~下旬)のみ公開されます。抹茶も沙羅の花をイメージしたお菓子も美味しいよ♪

Torinin02_2

Torinin03


☆東林院へは
 JR嵯峨野線(山陰本線)「花園」駅下車、徒歩15分
 無料駐車場あり
 *公開期間を要確認のこと!