仁和寺から嵐電に乗って北野白梅町の「地蔵院」を訪ねます。
地蔵院は「椿寺」の愛称で親しまれています。大きな椿は加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰って秀吉に献じたもので、秀吉が北野大茶会を催した際にこの地蔵院に寄進したとされています。(現在の椿は二代目です)
紅しだれ桜も満開でとても美しかったです♪

509jizoin

510jizoin


この椿は、白・しぼり・ピンクなどが一つの木に花開く”五色八重散り椿”です。ひとひらずつ落下し、美しい散りぎわを見せてくれます。観光客がきわめて少なくて、ゆったり拝観できる素敵なお寺だよ^^

511jizoin

512jizoin


☆地蔵院へは
 嵐電、市バス「北野白梅町」下車、徒歩3分
 境内は自由、駐車場なし