「談山神社(たんざんじんじゃ)」は、大化改新の中心人物の藤原鎌足を祀る神社として有名。舒明、皇極二代の天皇の世に、国の政治をほしいままにしていた蘇我蝦夷、入鹿の親子を討伐するため、中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が645年5月に多武峰(とうのみね:談山神社の裏山)に登って「大化の改新」の談合を行ったことから、後にこの山を「談い(かたらい)山・談所(だんじょ)ヶ森」と呼び、これが神社の社号の起こりとなりました。

26tanzan

27tanzan

本殿・拝殿などの華麗な社殿や、日本唯一の木造十三重塔など重要文化財もたくさんあります。写真は本殿です。

28tanzan

29tanzan

談山神社は大和随一の紅葉の名所として有名です。ちょうど境内全域が紅葉していました。写真は十三重塔です。

30tanzan

31tanzan

谷の反対側から境内を見渡せるところがあります。まさに境内が炎上しているかのようですね!

33tanzan

.

.

.

「長谷寺(はせでら)」は、山号を豊山(ぶさん)と称え、寺号を長谷寺と呼びます。創建は686年、道明上人が天武天皇のために銅板法華説相図(千仏多法仏塔)を西の岡に安置したことにはじまります。727年に徳道上人は、聖武天皇の勅により衆生のために東の岡に十一面観世音菩薩を祀りました。現在、長谷寺は真言宗豊山派の総本山として、また西国三十三観音霊場第八番札所として多くの人々の信仰をあつめています。
399段の登廊(石段)をゆっくり歩くと、空気が美味しく感じます。登廊の横は大きな牡丹園となっています。春は見事ですよ!

34hasedera

35hasedera

長谷寺は”花の寺”としても有名で、桜、牡丹、紫陽花、紅葉など、四季を通じてとてもきれいです。本堂の舞台に立つと、眼下に登ってきた廊下が延び、紅葉の合間に五重塔が見えます。素晴らしい眺めです^^

36hasedera

38hasedera

紅葉の間から開山堂や本堂が覗きます。広い境内をゆっくり歩いて紅葉を楽しみました。

39hasedera

40hasedera

お昼になったので参道の食堂で”にゅうめん”セットを食べました。あっさりしていて温かくて美味しいよ♪

41nyumen

談山神社は8:30から拝観できます。私は車で9:00に到着したので駐車場に入れました。紅葉時期はすごい車が殺到するので、週末に車で行かれる人は9:00までに到着が必須です!
長谷寺はここまで混まないけど、参道は人が多く車の通行に気を使います。できればR165沿いの駐車場に預けて、参道の店を見ながら歩きましょう。草餅が美味しいよ♪

☆談山神社へは
 近鉄、JR「桜井」下車、バスで20分
 無料駐車場あり

☆長谷寺へは
 近鉄大阪線「長谷寺」下車、徒歩20分
 付近に有料駐車場あり