金剛・葛城山麓を南北に延びる山麓の道を”葛城古道”と呼んでいます。鴨族、葛城族などの古代豪族が、当時の主要道として往来していたそう。由緒ある寺社が多く、大和三山を見ながら歩くと楽しいです♪

願いを一言だけ聞いてくださる”いちごんさん”として、地元の人から親しまれている”一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)”。祭神は古事記や日本書紀に登場する事代主命。境内には樹齢1200年ともいわれり銀杏の大木があります。乳房を連想させる気根のコブが沢山垂れ下がっているので”乳銀杏”とも呼ばれ、お参りすると健康な子供を授かるそうです。

23katsuragi

24katsuragi

一言主神社から少し北に歩くと”九品寺(くほんじ)”があります。
聖武天皇の勅によって行基が開基しました。境内に多くの石仏があることで有名です。とくに本堂の裏山にある「千体石仏」と呼ばれる石仏群には圧倒されます。

26katsuragi

27katsuragi

九品寺の近くに”番水の時計”が設置されています。限られた水を公平に分配するための時計台で、時間を決めて水路の流す向きを変えます。今も時を刻んでいるんですよ!

28katsuragi

この近くに曼珠沙華の大群生地があります。まだ三分咲きほどだったけど、真っ赤な絨毯を敷き詰めたようで圧巻でした。また大和三山も見渡せる景色のよいところなんですよ。
右の写真にボケて写っている低い山が、左から耳成山、畝傍山、天香具山の大和三山です。大和路の秋もすてきでしょ^^

30katsuragi

32katsuragi

☆一言主神社へは
 近鉄御所線「御所」駅からバス
 無料駐車場あり

☆九品寺へは
 近鉄御所線「御所」駅からバス
 無料駐車場あり