詩仙堂から5分ほど南へ歩くと「金福寺(こんぷくじ)」です。

ここは小説「花の生涯」のヒロインである村山たか(村山たか女)が尼として入寺し、その生涯をとじたことでも有名です。
拝観受付をすませて、もみじに覆われた小さな門をくぐって庭園に入ると、白砂を敷き詰めた庭園と芭蕉庵へ石段が続いています。
新緑がとてもきれいでした♪

07konpukuji

08konpukuji

金福寺は、平安初期に安恵(あんね)僧都により創建されました。
俳諧との関係が深く、与謝蕪村や青木月斗等の墓があり、さらに蕪村が
再興した芭蕉庵という茶室もあります。
写真は本堂と芭蕉庵です。

09konpukuji

10konpukuji

また、高台からは洛北の町並みがきれいに見えました^^

11konpukuji

☆金福寺へは
 市バス「一乗寺下リ松町」下車 徒歩10分
 拝観料  400円