奈良には、バラが美しいお寺が3か寺もあります。
奈良市の霊山寺、大和郡山市の松尾寺、橿原市のおふさ観音です。
お寺にバラ園って不思議な組み合わせに思えるけど、これがいいんです!
それぞれに趣向を凝らしたバラが楽しめますよ^^


お昼過ぎに「霊山寺(りょうせんじ)」に着きました。天気がよくて見頃なのですごい人を予想していたけど、意外にガラガラでびっくりしました。私的には嬉しかったです^^
霊山寺は、1300余年前、右大臣小野富人(通称鼻高仙人)が湯屋に薬師三尊仏を祀り、薬草風呂で諸人の病を治したことに由来します。736(天平8)年、聖武天皇の勅により行基菩薩が伽藍を建立、インドバラモン僧菩提僊那(センナ)が、寺の地相がインドの霊鷲山に似ているので霊山寺と名付けました。
こんな古刹だけど、境内にはバラ園のほか、薬師湯(薬草風呂)やゴルフ練習場を併設されているモダンで楽しいお寺なんですよ^^
写真は国宝の本堂と重文の三重塔です。本堂の秘仏が特別公開され、三重塔が開扉されていました。三重塔の壁画がきれいでした!

Ryosenji01

Ryosenji02

Ryosenji04

バラ庭園です。人生の輪廻をテーマにした1200坪の庭園で、250種、2000株のバラが5月中旬から11月まで咲き競います。
ちょうど見頃を迎え、鮮やかな色彩と香りに包まれていました。

Ryosenji05

Ryosenji06

バラ庭園内にカフェがあります。テラスでバラを愛でるっていいでしょう^^
カフェでは、期間限定でバラのアイスクリームが販売されていました。すごくきれいで可愛いバラのアイスを食べて、バラ庭園の写真を撮ったあと、カフェに戻ってローズティーをいただきました。贅沢な時間が流れます♪

Ryosenji07

Ryosenji08

Ryosenji09

☆霊山寺へは
 近鉄奈良線「富雄」駅下車、バスに乗り換え「霊山寺前」下車すぐ
 無料駐車場あり  拝観料 500円(バラの開花時は600円)