室生川に架かる朱色の橋を渡って境内に入ると、緑の杉木立の中に弥勒堂・金堂・本堂・五重塔などの堂塔が美しいたたずまいを見せて立ち並んでいます。石楠花や紅葉が美しいお寺で、4月末には石楠花が境内を埋め尽くします。
写真は仁王門と鎧坂です。

Murouji01

Murouji02

石段の多い室生寺に石楠花がよく似合います。

Murouji03

室生寺は、奈良時代の末期に修円によって建立されました。厳しく女人を禁制してきた高野山に対し、女人の済度をもはかる真言道場として女性の参詣を許したことから「女人高野」とも呼ばれています。
とにかく石段が多いお寺なので、履き慣れた靴で行くことをおすすめします。
写真は金堂から見た弥勒堂と、本堂(灌頂堂)です。

Murouji04

Murouji05

屋外に建つ五重塔では、我が国最小なのが室生寺の五重塔です。女性的でとってもきれいな姿ですね。

Murouji06

Murouji07

奥の院まで700段ほどの石段があります。息が切れました・・・

Murouji09

Murouji10

☆室生寺へは
 近鉄大阪線「室生口大野」駅下車、バスで15分
 室生寺周辺に有料駐車場あり
 拝観 600円  8:00~17:00(拝観時間は季節により若干変動あり)