小さな春を探しに琵琶湖へ行ってみました。
毎年訪れる守山市のなぎさ公園です。
琵琶湖大橋のすぐ近くに位置しています。名神京都東ICからR161を堅田へ。琵琶湖大橋を渡ってすぐです。

Biwakoohasi

なぎさ公園には、地元老人会の人達が早咲きの菜の花(カンザキハナナ)を植えておられます。
年明けから咲きはじめてちょうど見ごろでした。対岸に比良山地が望め、山頂付近に雪があるときは菜の花と雪山のコントラストが美しく、私のお気に入りのスポットです。
山に雲がかかっていましたが、菜の花の香りに包まれて、一足早い春を感じました♪
写真はなぎさ公園の菜の花です。菜の花のバックに比良山系の山が見えます。

Nagisa01

Nagisa02

美しい菜の花を愛でて春の空気を感じたところで、湖岸道路をひたすら北上します。湖北町の「琵琶湖水鳥・湿地センター」へ行きましょう♪

湖北町には葦が茂る自然のままのなぎさが残されています。ここに冬の使者”コハクチョウ”が飛来します。
ってわけで、期待していってみたら・・・
遠くにたった2羽のコハクチョウとヒシクイが数羽が羽を休めていました。今日は波が高いので、朝早く波の穏やかなところへ飛んでいってしまったんだって。トホホ・・・
でも、琵琶湖に降り注ぐ日差しは力強く、ちょっぴり春の訪れを感じることができました♪

Kohoku01

Kohoku02