奈良の冬の風物詩として人気イベントの「鹿寄せ」を見てきました。

この行事は、1892年(明治25年)鹿苑竣工奉告祭にラッパを使って実施したのがはじまりです。1980年以来、奈良市・奈良市観光協会の”奈良大和路キャンペーン”として実施されています。
会場は奈良公園の飛火野の大きな木の前です。数頭の鹿がのんびり芝を食べていました。

02shikayose01

午前10時に鹿愛護会のお兄さんが、この行事の説明などをしてくれます。続いてナチュラルホルンを吹きはじめました♪

02shikayose02

ホルンの音色が響くと、春日の森からどどど~っと鹿の大群が1列になって走ってきます。すごい大群です!!
曲はベートーベン作曲交響曲第6番田園の一節だそうですが、ちょっとアヤシイところが・・・(笑)

02shikayose03

02shikayose04

集まったところで、ばら撒かれるおやつ(どんぐり)の争奪戦が始まります。鹿くんはめっちゃかわいいんだよ♪

02shikayose05

このイベントは、3月6日(土)まで毎日、午前10時から行われます。場所は飛火野の大きな木の前です。たった15分ほどだけど楽しいよ♪