旅行ではいつも早起きだけど、雨の予報なので珍しくゆっくり起きました。予想どおり小雨が降っているようです。ゆっくり朝食を食べてチェックアウトします。
最初に向かったのは風頭公園に立つ”龍馬の像”です。
新大工町電停から歩きます。石段を上っていくと「若宮稲荷神社」の前に来ました。明治維新前後に、坂本龍馬など多くの志士達が参拝したことから勤皇稲荷とも呼ばれています。

39wakamiya


ここからさらに坂道や石段を上っていきます。龍馬通りと名付けられ、案内板があるので迷うこともありません。

40ryomadoori

長崎港を一望できる風頭公園にやってきました。幕末・維新の動乱期に、志高く歴史を動かした「坂本龍馬の銅像」が立っています。なんと威風堂々とした像なんだろう。

42kazegashira

43ryomazo

風頭公園を少し下ると「龍馬のブーツ」があります。
履いてみたけど、一人なので写真を撮れないよ(笑)

44butsu

龍馬も歩いた坂道を下っていくと「亀山社中記念館」です。
土佐国に生まれた坂本龍馬は、江戸で剣術や砲術の修業の後、土佐勤王党に加盟しました。その後土佐を脱藩して勝海舟の門人となり、勝塾や神戸海軍操練所に学びました。やがて操練所が閉鎖されたため、龍馬と同志たちは薩摩藩に保護され、鹿児島を経由して長崎にきます。慶応元年に日本最初の商社といわれる”亀山社中”を結成しました。
この地の「亀山」と仲間・結社を意味する「社中」をあわせて”亀山社中”と呼ばれています。龍馬がもたれかかって座ったと伝えられる柱なども再現されています。

45kameyama

46kameyama

龍馬通りをどんどん下っていくと”寺町”です。2社14寺がほぼ一列に建ち並んでいます。中国文化とキリシタン文化が共存する長崎を歩くと楽しいです♪
「興福寺」です。中国・明の商人が長崎に渡来しはじめた頃の元和六年(1620)、中国僧真円が航海安全を祈願してこの地に小庵を造ったことに始まります。中国の高僧である隠元禅師が入山した寺としても有名です。

47kohukuji

48kohukuji

「崇福寺」です。寛永6年(1629)に長崎在住の中国福建省の人達によって建てられ、数多くの文化財を所蔵しています。赤門が印象的でした。

50sohukuji

51sohukuji

お昼になり、路面電車で長崎駅まで戻ってきました。午後はハウステンボスへ行こうか、平和公園へ行こうか迷いました。平和公園は過去に行ったことがあるので、今回はハウステンボスへ行きましょう♪
写真は路面電車とJRの特急です。九州の電車はかっこいいですね

53densya

54jr

「ハウステンボス」には、快速で1時間15分ほどで到着しました。お昼を過ぎているとはいえ、日曜日なのに人がめっちゃ少なくてびっくり!
ときおり小雨が降る天気でしたが、あまりにも人が少なくてまったく活気がありません。のんびり建物を見ながら散策しました。個々は家族連れで来るのがいちばんやね。

こんなよく歩いた2日間でした。体重は減ってそうにないけど・・・

56huistenbosch

57huistenbosch