京都の紅葉は11月20日頃から月末にピークを迎えます。3連休最終日は大混雑かなと思いながらも、家でジッとしてられなかったです(笑)

今朝は7時前に家を出ました。大阪は快晴でしたが京都は曇っていて、お昼になってようやく晴れてきました。近鉄・地下鉄を乗り継いで山科駅に着きました。ここから15分ほど歩くと「毘沙門堂」です。
毘沙門堂は、駅から少し遠いのと、この近くに紅葉の名所がないので、観光客が少なくてゆっくり楽しめます。実は、昨年のオフ会でここに来ました。私の好きなお寺なので、ほぼ毎年来ています^^

Bisyamondo01

毘沙門堂は、703(大宝3)年に文武天皇の勅願で創建されました。当初は出雲路(上京区)にありましたが応仁の乱で廃絶し、公海僧正が1665(寛文5)年にこの地に復興しました。後西天皇の皇子が入寺して門跡寺院となりました。本尊は京都の七福神の一つ毘沙門天です。円山応挙作の鯉の絵や、狩野益信作の宸殿の障壁画など見どころが多いお寺です。
写真は観音堂がアクセントになった晩翠園です。うっとりする美しさでした。

Bisyamondo02

境内には大きな枝垂れ桜やもみじが多く、春や秋はことのほか美しく彩られます。写真は楓やドウダンツツジに覆われた弁天堂です。まさに炎上してる感じでした!

Bisyamondo03

Bisyamondo04

勅使門へ続く参道です。紅葉のトンネルが素敵でしょう♪

Bisyamondo06

☆毘沙門堂へは
 JR、京阪、地下鉄の山科駅から徒歩15分
 境内は自由に散策できますが、襖絵や庭園鑑賞は有料です(500円)