京都で会議があったので、7時前に家を出て、東福寺と光明院の紅葉を鑑賞してから会議に出席しました。もちろん会議には間に合いましたよ^^

東福寺は、紅葉が美しいお寺としてよく知られています。
摂政九条道家が、奈良で最大の寺院である東大寺と、奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で「東」と「福」の字を取り、京都最大の大伽藍を造営し慧日(えにち)山東福寺としました。
実に1236年から19年を費やして完成したというからすごいですね。
左の写真は臥雲橋から通天橋を眺めます。赤から緑までいろんな色があって鮮やかでした。
右の写真は反対に通天橋から見た景色です。境内を埋め尽くすもみじでしょ!

Tohukuji01_2

Tohukuji02_2

通天橋と紅葉です。そんなに人も多くなくてきれいだったよ^^

Tohukuji03_2

Tohukuji04_2

8:30に着いたので混雑はなかったけど、週末はすごい人だと思います。紅葉はちょうど見ごろでした。今月いっぱいは楽しめそうです♪

Tohukuji05_2

開山堂です。縁側に座って、庭を見ながらちょっと休憩するのもいいよね。

Tohukuji07_2

Tohukuji08_2

東福寺を南側に出ると光明院の前にきます。
東福寺塔頭の光明院は、1391(明徳2)年、金山明昶が創建しました。庭園は「虹の苔寺」とも言われ、白砂と苔の間に石を並べた美しい庭です。昭和の庭造りの名人重森三玲の作で、「波心庭(はしんにわ)」と呼ばれています。

Komyoin01_2

Komyoin02_2

苔が美しい庭園だけど、周囲に植えてあるもみじの紅葉もとても美しいです。丸窓越しに見る紅葉は素晴らしく、日が陰ったときと差し込んだときで、違った趣を感じました♪

Komyoin03_2

Komyoin04_2

☆東福寺へは
 JRまたは京阪「東福寺」下車、徒歩10分
 通天橋・開山堂拝観料  400円  9:00~16:00(紅葉時期のみ8:30~)

☆光明院へは
 東福寺から南へすぐ
 拝観料  志納(11月のみ300円)  8:00~17:00