奈良県吉野郡大淀町の世尊寺と、葛城路へ行ってみました。
少し暑かったけど秋晴れで気持ちよかったです♪

明日香村から吉野に向かう途中の大淀町に「世尊寺(せそんじ)」があります。
687(用明天皇2)年に聖徳太子が建立した寺院で、比蘇寺(吉野寺)と呼ばれ、法興寺(飛鳥寺)、四天王寺、法隆寺とともに四大寺院の一つでした。
しかし、相次ぐ戦乱による焼失や時勢の変革により、現在残っている建物は後世に建てられたものです。写真は山門と本堂です。

01sezonji 02sezonji

境内に入ると、彼岸花がぎっしり植えられ真っ赤に燃えています。すでに盛りは過ぎて白っぽくなってきたとはいえ圧巻でした!

03sezonji 04sezonji

本堂の裏には聖徳太子お手植えの壇上桜や、十三重石塔などがあります。

05sezonji

甘い香りが漂ってきました。金木犀が満開です。青空らをバックに秋桜が秋風に揺れます。
すてきな秋の風景です♪

07sezonji 08sezonji

世尊寺は、近鉄吉野線「六田」から徒歩40分。
無料駐車場があります。
境内無料ですが、維持費に100円の寄付を。



このあと、葛城路へ向かいました。続きは明日アップする予定です。