気ままにフォトスケッチ

お出かけ日記とデジカメ写真のブログです

依水園(奈良市)の紅葉 (11/21) -夜の顔と昼の顔-

2009年11月、依水園(いすいえん)では、はじめてライトアップが行われました。偶然知ったライトアップはたった4日間(11/13,14,20,21)のみ。そんなことを知ると行きたくなって、昨日の出張の帰りに訪ねてみました。まっすぐ帰らずに奈良にちょっと寄り道でした^^

依水園は明治期を代表する庭として、昭和50年に国の名勝指定を受けた、奈良市内唯一の池泉回遊式庭園です。庭は西側の前園と、東側の後園からできています。前園は元興福寺摩尼珠院の別業があった場所とされ、後園は若草山や東大寺(南大門)などを借景としています。初夏には杜若が咲き、秋は紅葉に包まれます。とってもきれいな庭園なんですよ♪

前園のライトアップです。座敷からゆっくり鑑賞します。

Isuien01

Isuien02

後園のライトアップです。池に松がくっきり映り、せせらぎの音だけが聞こえます。いつまでも眺めていたい風景でした。

Isuien03

Isuien04

ライトアップを見たら、昼間の紅葉も見たくなって、今日見てきました。よくやるよね・・・
紅葉は終盤とでしたが、きれいな紅葉を見ることができました^^
写真は前園です。左の写真の座敷からライトアップを眺めました。きれいな庭園でしょう。

Isuien05

Isuien06

こちらは後園です。南大門や若草山が借景です。
ドウダンツツジが真っ赤でした。十月桜の可憐な花もきれいでした♪

Isuien09

Isuien10

2日連続で訪ねた依水園ですが、夜と昼の顔を見ることができてよかったです。

☆依水園へは
 近鉄奈良駅から徒歩10分
 9:30~16:00 (火曜日、お盆、年末年始は休園) 
 入園料  650円 (美術館も入館できます)

*ライトアップ料金  1,500円 (抹茶付き)

東福寺の紅葉 (11/20)

京都で会議があったので、7時前に家を出て、東福寺と光明院の紅葉を鑑賞してから会議に出席しました。もちろん会議には間に合いましたよ^^

東福寺は、紅葉が美しいお寺としてよく知られています。
摂政九条道家が、奈良で最大の寺院である東大寺と、奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で「東」と「福」の字を取り、京都最大の大伽藍を造営し慧日(えにち)山東福寺としました。
実に1236年から19年を費やして完成したというからすごいですね。
左の写真は臥雲橋から通天橋を眺めます。赤から緑までいろんな色があって鮮やかでした。
右の写真は反対に通天橋から見た景色です。境内を埋め尽くすもみじでしょ!

Tohukuji01_2

Tohukuji02_2

通天橋と紅葉です。そんなに人も多くなくてきれいだったよ^^

Tohukuji03_2

Tohukuji04_2

8:30に着いたので混雑はなかったけど、週末はすごい人だと思います。紅葉はちょうど見ごろでした。今月いっぱいは楽しめそうです♪

Tohukuji05_2

開山堂です。縁側に座って、庭を見ながらちょっと休憩するのもいいよね。

Tohukuji07_2

Tohukuji08_2

東福寺を南側に出ると光明院の前にきます。
東福寺塔頭の光明院は、1391(明徳2)年、金山明昶が創建しました。庭園は「虹の苔寺」とも言われ、白砂と苔の間に石を並べた美しい庭です。昭和の庭造りの名人重森三玲の作で、「波心庭(はしんにわ)」と呼ばれています。

Komyoin01_2

Komyoin02_2

苔が美しい庭園だけど、周囲に植えてあるもみじの紅葉もとても美しいです。丸窓越しに見る紅葉は素晴らしく、日が陰ったときと差し込んだときで、違った趣を感じました♪

Komyoin03_2

Komyoin04_2

☆東福寺へは
 JRまたは京阪「東福寺」下車、徒歩10分
 通天橋・開山堂拝観料  400円  9:00~16:00(紅葉時期のみ8:30~)

☆光明院へは
 東福寺から南へすぐ
 拝観料  志納(11月のみ300円)  8:00~17:00

永観堂のライトアップ (11/16)

最後はライトアップで決まりだよね!
週末は大混雑する永観堂のライトアップに行きましょう♪

永観堂の名で親しまれていますが、正式名称を禅林寺といい、平安時代初期に弘法大師の弟子真紹僧都が創建しました。左後方に振り返った”みかえり阿弥陀如来”が安置されています。
ここは「もみじの永観堂」とも呼ばれ、京都の紅葉の名所として著名な寺院です。色鮮やかなもみじが境内を埋め尽くし、一見の価値がありますよ!
週末は大混雑しますが、さすがに平日の夜!驚くほど観光客が少なくて、境内をゆったり散策できました。写真を並べてみるので、ゆっくり見てね^^
釈迦堂の背後に多宝塔が見えます。(夜は多宝塔には行けません)

28eikando

境内はもみじに覆われていて、とても美しいです。

29eikando

30eikando

境内の中央には放生池があり、桟敷では抹茶も楽しめます。

31eikando

32eikando

真っ赤なもみじをアップで写してみました。すべての写真は手持ち撮影です。ピントや手ブレには細心の注意を払っていますが、難しいものですね。
京都のお寺はほとんどが、三脚・一脚の持ち込みが禁止されています。永観堂も例外ではありません。拝観者同士のトラブルの防止や、樹木や文化財を保護するためです。みんながマナーを守れたらいいのですが。お互いに気持ちよく写真を撮りたいですね^^

33eikando

34eikando

☆永観堂へは
 市バス「南禅寺・永観堂道」から徒歩3分
 拝観料 600円(寺宝展開催期間は1,000円)

ギャラリー
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
  • 薔薇と新緑に包まれた霊山寺 (5/16)
記事検索
  • ライブドアブログ